家庭用脱毛器で脇脱毛する際の痛み対策

私は、脇脱毛のために数年前から家庭用脱毛器を使用しています。剃ったり抜いたりする自己処理に比べて肌や毛穴へのダメージも少なく、効果的に効率的にムダ毛のお手入れができるのでとても満足しています。私が使っている家庭用脱毛器は、レーザーを照射するタイプのものです。レーザーなので自宅にいながらにしてサロン並みの永久脱毛ができてしまいます。ランニングコストもかからず操作も簡単で使い勝手も良いのでとても重宝しています。照射レベルが5段階に設定されており、ムダ毛の状態やお手入れをする箇所に合わせて選べる仕様になっています。

私は、脇脱毛の際は最高レベルの5で照射しています。少しでも早く効果が出て欲しいという思いからレベル5で照射をしているのですが、やはり強い痛みを感じます。はじかれるようなパチンとした痛みです。これは何か対策が必要だと感じたので、保冷剤で冷やす方法と麻酔クリームを塗る方法を試してみました。これがとても効果的で、痛みを感じることなく思いっきり照射することができました。保冷剤を使う場合は、皮膚に感覚がなくなるまで徹底的に冷やして麻痺させます。すぐに感覚が戻ってしまうのでこまめに冷やしながら行うのがおすすめです。

麻酔クリームを使う場合は、クリームをたっぷりと塗るのがポイントです。皮膚がクリームで隠れるくらいに塗り、ラップで覆いしばらく放置します。その後ラップを外しクリームを拭き取ったら準備完了です。皮膚が完全に麻痺しているので思いっきりお手入れすることができます。